HOME>info>自宅に居ながら治療を受けられる〜訪問歯科のメリット〜

歯科を利用する前に知っておきたいこと

歯医者さんから治療を受けるには、実際に歯科医院へ行く方法の他に訪問歯科を利用する方法があります。

足腰が弱って動けない高齢者が訪問歯科を利用するべき理由

歯科医院に行けなくても治療を受けられる

訪問歯科は要介護の高齢者など、足腰が不自由で通院が困難な人に最適な方法です。

入れ歯の作製も可能

通院困難者の多くは歯が抜けたり入れ歯が壊れたなどの理由で食事に困難を抱えています。訪問歯科では入れ歯の作製・修理も可能です。

自宅で口腔ケアができる

訪問歯科を利用すれば自宅で専門家の指導を受けながら口腔ケアができます。費用には医療保険や介護保険が適用されます。

リハビリテーションも可能

歯に関する治療を受けるだけでなく、口腔機能に関するリハビリテーションを行なうことも可能です。

きめ細かな指導が受けられる

歯医者さんが患者の食生活を直接確認するため、きめ細かな指導を受けることができます。

自宅に居ながら治療を受けられる〜訪問歯科のメリット〜

訪問歯科なら自宅で歯科治療を受けられるので外出する必要がない

訪問歯科は患者が自ら外出しなくても、専門家である歯医者さんから診察を受けることができます。近年では高齢化が進み外出が困難な患者が増えているため、訪問歯科診療を行なう歯科医院も増加しています。

訪問歯科だからと言って一般的な歯科治療よりも料金が高くなることはない

訪問歯科には医療保険や介護保険が適用されます。虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製・修理、口腔ケアやリハビリテーションなどが可能ですが、一般的な歯科治療と比較して料金が高くなる心配は不要です。

自宅で歯科治療が受けられるのでクリニックが苦手な人でも安心

人の多い場所が苦手な場合など、歯科医院に通院するのが苦手な人でも自宅で安心して治療を受けることができます。歯科医師が直接患者の生活状況を確認するため、最適な治療を受けられるというメリットもあります。

歯のケアをしている高齢者とケアをしていない高齢者の違い

入れ歯のケアが必要

入れ歯には保険診療のものと自由診療のものがあります。前者は細菌が付着しやすいので適切なケアが必要です。怠ると口内炎やカンジダ症の危険性があります。

誤嚥性肺炎の危険性

口腔ケアをしないと虫歯になる可能性が高まります。また歯周病が原因となって誤嚥性肺炎を引き起こす可能性が存在します。

一般的に訪問歯科について詳しく知っている人は少ない

近年訪問歯科診療を行なう歯科医院は増加していますが、まだ一般的に広く知られてはいません。訪問歯科を利用すれば通院が困難な高齢者でも効率的に治療が受けられます。

訪問歯科利用に関する疑問はQ&Aを参考に解消する

訪問歯科の治療費は?

訪問歯科には医療保険と介護保険が適用されます。医療保険は後期高齢者と前期高齢者、障害者・生活保護者、一般の患者で扱いに違いがありますが、基本的に治療費は一般歯科の診療と変わりません。

往診の方法は?

訪問歯科では歯科機材を患者の自宅に運んで治療を行います。自分のスケジュールに合わせて治療を受けることができます。

自費診療は可能か?

訪問歯科での診療は基本的に保険診療ですが、場合によっては自費診療を行なうことも可能です。

訪問診療の時間帯は?

訪問診療が可能な日時は歯科医院によって異なります。また基本的に診療時間内で訪問が行われます。日曜日や祭日、年末年始、深夜などに対応するかどうかは各医院に問い合わせる必要があります。

相談だけでも可能か?

実際に治療が必要かどうか不明な場合でも、自宅に来てもらい相談することは可能です。

広告募集中